マネー Archive

住宅ローンの繰り上げ返済しすぎで困った体験談

5年前に新築住宅を購入しました。
親からお金を借りることができたので、頭金をたくさんいれ、月々の支払いを賃貸物件くらいの価格で抑えることができました。
それでも、住宅ローンの返済期間は35年。

35年後は、旦那さんは退職して定年後です。
それではいけないと、せっせとお金をためて、住宅ローンの繰り上げ返済を3回ほどしました。
35年だった期間は、28年と短くなり、ホッとしていたのですが、家の貯金はすべて繰り上げ返済に回していたので、いざと言うときのたくわえがありませんでした。

そんなときに限って、電化製品が次々に壊れていくのです。
手持ち資金では払えない為、仕方がないのでクレジットカードでボーナス払いです。
洗濯機に冷蔵庫、テレビが壊れてその年のボーナスはほとんどありませんでした。

あんまりがんばりすぎて繰り上げ返済するものではないな~と思っていたところ、次は年末の住宅ローン控除。
この控除をあてにしていたのに、繰り上げ返済のし過ぎで、控除対象外になってしまいました。
もっとよく考えて、返済しておけばよかったな~とつくづく思います。

住宅ローンのこと、住宅のこと、お金のこと。
初めてのことばかりで、まったく勉強する機会も場所もなかったのですが、最近では、銀行や工務店、住宅展示場などで話を聞くセミナーなどが開催されているようなのでぜひとも利用したほうがいいと思います。

参考:住宅ローンを退職金で繰り上げ返済して困った体験談

退職金で住宅ローンのボーナス分を繰り上げ返済した体験談

私達は4年程前に、人生最後の住宅ローンを組みました。
と言うのも、ローンを組んだ時、主人は50歳だったからです。

住宅ローンの返済はもちろん利率変更型です。
固定金利では、はなからお金を貸してくれる銀行は無かったでしょう。
しかし、前住んでいた家は駅から遠く、仕事や学校に行くのにとても不便であったことや、どちらの両親も歳を取り、急に倒れたりし始めたので、その点でも駅近の場所に移る必要がありました。

2~3軒の銀行を不動産会社が当たりましたが、どこも融資の許可は下りました。
しかし、80歳まで借りることはダメで、主人が78歳の時までの返済になっています。

そして、ボーナス返済は結局損だと読んだので、毎月の返済だけで行きたかったのですが、前の家が良い値で売れず、借金が新しい家に乗ってしまったので、ボーナス併用となってしまいました。

ですから住宅ローンは、退職金でボーナス分だけは完済しようと思っています。

でも、嘱託も付けるかわからないので61歳から毎月約10万円を返済出来るのか、最近本気で考え出しました。
主人が78歳以前に亡くなったら家の支払いは保険が下りて終了します。

でも、その後の私の生活費は?
50歳で住宅ローンを組んだので、老後資金として国民平均1,000万円は貯めていると言う中、我が家は貯金などゼロに近いです。

退職金も期待できません。

まして私が先に死んだら主人は78歳まで払い続けなければなりません。
ただ、節約をして、最終的には借金よりこの家が高く売れるようになったら売ると言う手もありますから、あまりカリカリはしない様にしています。

住宅ローンは繰上げ返済しないと退職金が無くなる

夢のマイホームを建てた後に待っているのは、長い長い住宅ローン返済です。
私の場合、3,000万円を30年返済とし、10年間は固定金利、11年目以降は変動金利の契約を組みました。

いかに金利は安いとはいえ、3,000万円の住宅ローンを30年返済にすると、返済総額は元金の約2倍近くとなり、驚くような利子がつくことがわかりました。

銀行の利益を上げる方法の一端を垣間見ました。
そして、契約を締結してから、数週間後に銀行から住宅ローンの返済一覧表が送られてきます。

何枚にも渡って、360回分の毎月の返済額、金利額、元利額、残金が一目瞭然でわかるように打ち出されてあり、退職後まで返済に苦しむ姿が眼に浮かび愕然としました。
このままでは、退職金で残金は払うことになるのが、目に見えるようでした。

何とか、利子を減らしたいと思いました。
利子を減らす方法は、ただ一つ繰り上げ返済です。
この繰上げ返済とは、借入金の一定金額を繰り上げて返済することで、元金の借入金が少し減ることになります。

しかし、30年という長期借り入れのため、最初の数年間の住宅ローン返済はほとんど元金が減らず、利子ばかり返済していることになります。

反対に言えば、最初の数年間に繰り上げ返済すると、返済額分の利子が相殺されることになります。
100万円が200万円の価値となります。
我が家は幸いにも共働きなので、少し収入に余裕がありました。

そこで、爪に火を灯し、塩を嘗めるという艱難辛苦の忍従の生活を行い、変動金利が始まる10年以内に住宅ローン完済するという目標を立てました。
その間は、旅行も行かないし、車も買い替えない、スーツも新調しない覚悟で臨みました。

人間やれば出来るものです。
合計8回の一部繰り上げ返済を行い、7年で無事完済しました。
おかげで、今でも節約する思考はすっかり定着し、貯金も楽にでき、余裕を持った生活を楽しんでいます。

テラフォーマーズ 全巻買取価格が低すぎてがっかりした体験談

私は漫画が好きで、好きな作品を次々と買ってしまうので、すぐに本がたくさん増えてきてしまいます。
それでも同じ作品を何度も読む事が好きなため、中々売る事はできずにいました。
でも一度だけ漫画の買取をお願いした事があります。

私は、ちゃんと1巻から最終巻まで全て買って綺麗に保存していますし、中古の本屋に行くと全巻そろっているものはそこそこの値段で売っていたので、保存状態が良く全ての巻がそろっているのならそこそこの値段で買い取ってもらえるのだろうと思い、古本屋へ持っていきました。

参考:テラフォーマーズ 全巻買取価格

私は、テラフォーマーズなど全巻そろっている作品を5種類と、また単行本なども比較的新しい物まで全てを買取をしてもらいにもって行きました。
全て合わせると100冊ほどになったと思います。

私は、初めての漫画買取でしたので、どのくらいのお金になるのだろうとウキウキしながら古本屋さんへ向かい、帰りに何か買おうかなと期待感でいっぱいでした。
そして査定をしてもらい、実際の金額を見て驚きました。

私が購入した総額の5分の1程度の値段しかつかなかったのです。
私は期待外れで少しがっかりしたのですが、捨ててゴミになるよりは安くても買い取ってもらった方がましだと思いそのまま現金に交換しました。

大阪府で弁護士事務所に無料相談したいなら?

法律相談の方法には、無料と有料があります。
無料は主に公的機関が行っており、毎週決まった曜日の決まった時間に開催されています。
担当の弁護士は、その時によりさまざまで、行ってみないとわからない場合が多く、電話などで事前に確認することはできません。
あくまでも無料相談なので、教えてくれる内容に制限があります。

一般的な話は聞けても、込み入った内容になってくると、なかなか教えて貰えないことが多いです。
賢い弁護士の利用方法は、無料相談で大まかに自分が知らなければならない情報を入手。
そのうえで次に自分がさらに詳しく知らなければならない、詳しく教えて貰いたい内容を、有料で聞いていくのがベストでしょう。

有料相談では大抵の場合は、30分単位で請求してきます。
30分5000円が一般的です。
時間を有効に使うために、弁護士に会う前に聞きたい内容を詳細にリストアップし、簡潔に話をすることが大切になってきます。

事前準備なしに、ダラダラ話してしまうことが一番非効率的です。
時間ばかりが過ぎ、後になって自分の知り得た内容が何か振り返ってみると殆どなかった、ということが多々あります。
信頼できる弁護士ができるまでは、この方法でやっていくのが最善の方法でしょう。

大阪府の主な地域
大阪市
枚方市
堺市
和泉市
東大阪市
河内長野市

参考:大阪府の弁護士に無料電話相談

大阪で24時間電話で弁護士に無料相談

結婚以来、性格の不一致でケンカが絶えない夫婦でした。
私が大阪の実家に帰ったところ、相手側に弁護士に相談された時は本当に腹が立ちました。

「君とうまくやっていくことは、これ以上不可能だ。元から生活全般で好みが合わないことが多く、一緒に暮らすことは考えられない。性格不一致なので離婚だ。」等々、虫がいいことを電話で言われました。

私から離婚してやると口走ったことはありましたが、何も深い考えがあっての事ではありません。
大阪の実家に帰ったのも頭を冷やすためでした。

相手が弁護士を立てたことを知って、激しく怒ったのは私よりむしろ両親の方でした。
大阪の実家の両親が、知り合いの法律事務所に相談、仲立ちをしてもらうことになりました。
私としては離婚すべきかやめるべきか、あまりの状況に自分の気持ちが良く分からないほど混乱し、流されるまま話し合いが進みました。

結局は、離婚が決まりました。
当時は「あなたにも悪いところがある」と実家から相談された弁護士に説教されたことを思い出して、ヒステリーを起こしたりと不安定でした。
時間が経った今では冷静になり、性格の不一致で喧嘩ばかりの男とは、別れて良かったと受け止めています。

流された感が残る離婚でしたが、弁護士相談しなかったら進まなかったのも事実です。
第三者からの方が良く見渡せることもあると、過ぎた事となった今では思います。

スロットの借金500万返済の体験談

スロットの借金500万の返済で自転車操業になった体験談

借金というものは昔ちょっとしていたことがあって、しかもそれが自転車操業というやつで辛かった経験がありました。
原因としては恥ずかしながらスロットにはまってしまっていて、それで少額の借入を多数の会社からしていたという経緯がありました。
しかも、いい年して日雇いのバイトしかしてなくて、なんだか今思うと情けなくなりますね。

スロットの借金は大体500万円ほどであり、借入していた会社は5件ほどでしたが、やはり返済日が付きに5回もあると非常に不安感があったのを覚えています。
そんなこんなもありましたが、ようやく自転車操業の深刻さに気付いて、まずはしっかりとした仕事に就こうと真面目に求人をさがして、ようやく派遣社員として社会に復帰をしました。

当然これだけだと500万の返済も厳しくなってしまうので、まずはおまとめローンを検討してみることにしました。
銀行系ローンは審査に落ちてしまいましたが、消費者金融のおまとめローンはなんとか通ったので、これで一本化になんとか成功しました。

金利的には高いのですが、やはり月の支払いが一回というのは精神的に気持ちが楽になるし、自転車操業からも抜け出られたの、良かったと思っています。
現在でも借金500万の返済は続いているのですが、職場にはばれていないので、早く身軽な身体になりたいなと思いながら、現在真面目に働いています。

参考:スロットで借金500万、返済方法で苦労した体験談

スロットに負けて借金500万!利子の返済精一杯です!

借金を始めたのは本当に軽い気持ちで始めました。
スロットで負け越した時だったと思います。

食費がかなり厳しくて頑張ればしのげたかと思うのですが、キャッシングをすれば、お腹が減ったのを気にする必要もなく、好きなものが食べられる。
そんな風に考えて借入に踏み切ったように思います。

借金をしてみると、ああこんなに簡単なんだ、来月に返したらいいだけだから、そんなに無理して借りるのを拒む必要なんかなかったな、と思うようになりました。

そうすると、またスロットに負けて、お金に困ったときには、キャッシングに頼るようになっていきました。
またスロットで負けた、でもまぁお金借りてすぐ返せばいいか。
そんな風に軽く考えるようになっていったのです。

しかし、そういったことを繰り返すうちに、スロットで負けても借金すれば大丈夫だから、という風に物事を考えるようになっていました。
毎月お金を借りるすることが、当たり前のようになっていきました。

気づけば給料を全額返済に回しても、1度では支払いできない金額になり、徐々に借金は膨らんでいき500万に。
その時、利子の払いはしっかりしているから、とお金を返していないのに、何か返している気になっていました。
当然、それでは借入残高500万は減ることはありません。

それから時間がたつごとに、500万の利子の対応だけで、精一杯になっていくのを感じでかなり焦りました。
親族に借入をして一部返済。

利子を減らし、徐々に返して何とか500万を返すことができましたが、自分一人ではかなり厳しかったように思います。
金額が増えすぎると利息に追われて返済ができなくなる。
それを通願した出来事でした。
スロットは、もうやめます。